GEISAIギャラリーフィナーレ祭!

GEISAIギャラリー フィナーレ祭!を開催致します。

突然ですが、2013年5月15日をもってGEISAIギャラリーが閉廊することとなりました。
一年前の6月、「アーティスト・アジト~ミラー・ワールド編~」より始まった
GEISAIギャラリーは、抽選展示や、新年会、秋葉原モンパルナス、龍神庵、
bLack EYE、GEISAI寺子屋など様々な企画が開催されました。

そして閉廊前の最後のイベントとして、
旅団、GEISAI寺子屋関係者の企画による「GEISAIギャラリーフィナーレ祭!」を行います。
この一年の企画に携わった方は勿論、これまでのGEISAI受賞者、出展者、来場者の皆様にご来場頂き、スクリーンに映し出されるこれまでの貴重な映像や写真をご覧頂きながらGEISAIから出発する芸術談義に花をさかせていただければと思います。

また、GEISAI#18公式打上げも兼ねており、当日はフリードリンク、軽食にておもてなし致します。皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。

GEISAIギャラリー フィナーレ祭! info

■開催日時
2013年5月11日(土)
16:00~19:00
企画:旅団、GEISAI寺子屋関係者

■入場料:無料
 フリードリンク、軽食も無料でご提供致します。
 
■開催場所
GEISAI Gallery(3331 ART CYD 2F)
〒101-0021
東京都千代田区外神田6丁目11-14

 03-5817-4485


GEISAIギャラリーMAP

GEISAIギャラリーこれまでの企画

アーティスト・アジト~ミラー・ワールド編~
2012年6月6日~6月18日

GEISAI#17 第1回抽選展示
2012年6月20日~7月2日

GEISAI#17 第2回抽選展示
2012年7月4日~7月16日

GEISAI#17 第3回抽選展示
2012年7月18日~7月30日

GEISAI#17 第4回抽選展示
2012年8月1日~8月13日

GEISAI#17 第5回抽選展示
2012年8月18日~8月27日

<休廊期間>

GEISAI新年会(イベント)
2013年1月19日

[秋葉原モンパルナス](イベント)
2013年2月16日

[龍神庵]Vol.1(イベント)
2013年2月23日

[秋葉原モンパルナス]Vol.2(イベント)
2013年3月2日

bLack EYE vol.08(イベント)
2013年3月9日

[龍神庵]Vol.2(イベント)
2013年3月16日

GEISAI寺子屋
(イベント)2013年3月24日(日)
(作品展示)2013年3月24日(日)~4月7日(日)

GEISAI 寺子屋 vol.2 パフォーマンス編
(イベント)2013年3月30日
(作品展示)2013年3月24日(日)~4月7日(日)

[秋葉原モンパルナス]クリティーク Vol.3 (イベント)
2013年4月6日

GEISAI 寺子屋 vol.3 入門編
(イベント)2013年4月13日
(作品展示)2013年4月13日(土)~4月17日(水)

[龍神庵]vol3(イベント)
2013年4月20日

GEISAI 寺子屋 vol.4 アートグループ編
(イベント)2013年4月27日
(作品展示)2013年4月21日(日)~5月5日(日)

【プロフィール】
ryodan_mark

神出鬼没!快刀乱麻! 戦闘系アーティストチーム旅団! 参上!!!!

Pasted Graphic 4

川上秀行 / KAWAKAMI SHUGYO

画僧

多摩美術大学卒業後、総本山智積院にて修行。
絵と言葉をコマによる時間軸でデザインされた”漫画”を萬の表現が可能なメディアとしての”萬画”(Yorozu ga)と捉え、インスタレーションによる萬画を中心に、仏教美術制作や声明パフォーマンスを行う。GEISAI#12会田誠賞など。S-va-ha、M3(Macro Mantra Matirx)のメンバーとしても活動中。
作品
http://goo.gl/zWZWG
https://twitter.com/s_va_ha

GEISAI寺子屋 vol.4

geisai_terakoya_logo_square

4月27日(土)、GEISAI Galleryでは、[GEISAI寺子屋]vol.4を開催致します。

-GEISAI受賞者である、佐野友紀(GEISAI TAIWAN#2 佐藤可士和賞受賞)、
川上秀行(GEISAI#12 会田誠賞受賞)プロデュースによるGEISAI寺子屋をGEISAI Galleryで開催します。

GEISAI寺子屋、過去の様子はこちらから

[GEISAI寺子屋vol.1]
http://goo.gl/zygkZ

[GEISAI寺子屋vol.2]
http://goo.gl/Cz34y

現在、GEISAI Galleryにて絶賛展開中のGEISAI受賞者、川上さん、佐野さんによる連続企画[GEISAI寺子屋]シリーズ。

今回は、アートグループ3組が登壇しグループで作品を発表する意味、個人とグループの関係性を焦点に「何故アートグループなのか?」をテーマにした全体トークを中心に、GEISAI#18前々夜祭として催行致します。シークレットゲストも登壇予定です。
また、参加グループの作品展示も4月21日より行われております。

『GEISAI寺子屋』について

寺子屋とは江戸時代、庶民の子弟に読み書き、計算や実務上の知識・技能を教育した民間教育施設で、その起源は、中世の寺院での教育に遡ると言われています。「読み書き算盤」と呼ばれる基礎的な読み方・習字・算数の習得に始まり、地理・書簡の作成法など、実生活に必要とされる知識や技術の教育が行われ、明治初期における日本の識字率は世界最高水準にありました。このことからGEISAI寺子屋では芸術を生業としていく上で、基礎的な地固めを中心に各々の専門分野による講義や作家同士の意見交換により、芸術家の最初の一歩が踏み出せるような場となることを願って発足します。

これからGEISAIに出す方も、過去に出した方も、この機会にいらしてみてはいかがでしょうか。
勿論、プロの方も一般の方も大歓迎です。
皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。

GEISAI 寺子屋 vol.4 info

■開催日時(イベント)

2013年4月27日(土)
16:00~19:00
出演:こうさくてん、アート • パーティー るくる、S-va-ha
 
■開催日時(作品展示)
 2013年4月21日(日)~5月5日(日)
(休廊:毎週火曜日、4月28日-30日)
 12:00-19:00
 出展:こうさくてん、アート • パーティー るくる、S-va-ha

■入場料:無料
 イベント時、お酒、お菓子も無料でご提供致します。

■開催場所
GEISAI Gallery(3331 ART CYD 2F)
〒101-0021
東京都千代田区外神田6丁目11-14

 03-5817-4485


GEISAIギャラリーMAP

<タイムテーブル>

16:00-16:30
S-va-ha、パフォーマンス+トーク

16:30-16:45
こうさくてん、プレゼンテーション

16:45-17:00
アート • パーティー るくる、プレゼンテーション

17:00-18:30
パネルディスカッション「何故アートグループなのか?」
シークレットゲストあり

18:30-19:00
GEISAI#18前々夜祭

19:00-
FREE

[ゲスト作家]

abbcgdga

こうさくてん / KOUSAKUTEN

「こうさくてん」とは、さまざまなジャンルのメンバーが一堂に会し、「こうさく」のバラエティーを遊ぶグループ展です。展覧会名となっている平仮名で表記された「こうさく」には、ものを作るという意味での「工作(make)」の他に、いろいろな人や表現スタイルが混じり合うという意味での「交錯(mix)」、そして、その関わりを通じて、互いの領域を新たに耕していく機会を得ようという意味での「耕作(cultivate)」など多様な意味が盛り込まれており、領域を問わない造形交流の輪を広げ、何よりも「こうさく」を遊んで楽しむことをモットーにしています。そして、この「こうさくてん」が、やがて耕され小さな文化(culture)になれば、と、ひそかに願っている次第です。

10-586x400

アート • パーティー るくる / Art • Party RUKURU

2011年8月 高知県「沖の島アートプロジェクトvol.3」にて開催されたARG「るくる島黄金伝説」に導かれたアーティストを中心として緩やかに持続する共同体。
http://rukuru.info/

1__#$!@%!#__Pasted Graphic

S-va-ha / ソ-ワ-カ

2012年2月
千人に菩薩メイクを施し撮影するワークショップ三十三間堂プロジェクトや絵画、CG作品などを制作する仏(ほとけ)の美術家TETTA、仏教美術や漫画を拡張した現代美術としての萬画(yorozuga)を制作する画僧の川上秀行、絵画、立体、インスタレーションを通して現代美術と仏教の接点を模索してきた美術家/真言宗僧侶の平林幸壽により、「仏教」と「現代美術」の直結を試みる「仏教•現代•美術」なユニット、S-va-ha(ソ-ワ-カ)結成。
2012年3月
読経と舞踏による3.11~東日本大震災の一周忌の鎮魂パフォーマンス「1st Aniversary Ceremony of 3.11」を宮城県大曲浜で実施。
2012年4月
「仏サロン」(主催:CIVIC ART) にて、パフォーマンス「1st Aniversary Ceremony of 3.11」を元にした写真作品を展示。
2012年6月
首都直下型地震に備え、大地の神に祈りと舞踏を捧げるパフォーマンス「Ceremony for Calming The Earth」を東京都大田区で実施。
2012年8月
パフォーマンス「1st Aniversary Ceremony of 3.11」及び「Ceremony for Calming The Earth」を元にテキストを加え映像作品化し、YouTube上で公開。Twitter上でポスターイメージを定期配信する「S-va-ha webポスター」シリーズを開始。
2012年10月
パフォーマンス、インスタレーション、DJによるイベント「ソ-ワ-カ presents妙音祭」を、黄金町スタジオ内、試聴室2で実施。
2013年3月
読経と舞踏による3.11~東日本大震災の三回忌の鎮魂パフォーマンス「2nd Aniversary Ceremony of 3.11」を福島県いわき市の海岸で実施。(映像作品化し、YouTubeで公開中)
2012年4月
「GEISAI寺子屋 vol.4」(ART CYD 3331 GEISAIギャラリー)にて、作品展示、パフォーマンス、トーク出演。
https://twitter.com/s_va_ha

[企画・プロデュース]

Pasted Graphic 4

川上秀行 / KAWAKAMI SHUGYO

画僧

多摩美術大学卒業後、総本山智積院にて修行。
絵と言葉をコマによる時間軸でデザインされた”漫画”を萬の表現が可能なメディアとしての”萬画”(Yorozu ga)と捉え、インスタレーションによる萬画を中心に、仏教美術制作や声明パフォーマンスを行う。GEISAI#12会田誠賞など。S-va-ha、M3(Macro Mantra Matirx)のメンバーとしても活動中。
作品
http://goo.gl/zWZWG
https://twitter.com/s_va_ha

sano

佐野友紀 / SANO YUKI

1987年   長野県生まれ
2011年   多摩美術大学情報デザイン学科芸術コース(卒業)
2013年   多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程
        デザイン専攻情報デザイン(在籍)

2010年   GEISAI TAIWAN#2
        台湾-華山創意文化園區
        (佐藤可士和賞受賞)
2012年   第16回文化庁メディア芸術祭
        審査員推薦作品

情報の体験をテーマにした絵画・写真作品を制作。
油絵の具をそのまま拡大した絵画や、東日本大震災で生まれた瓦礫を等身大で描く等、身体を
包み込む巨大な作品が主。
現在は養蜂家と作家を両立し活動している。

川上秀行 作品

スクリーンショット(2013-04-12 13.13.02)
Big Bang としての阿字
A ji as Big Bang
2010
Mixed media
1,400 × 800 × 20 / mm

スクリーンショット(2013-04-12 13.13.15)
Big Crunch としての吽字
Un ji as Big Crunch
2010
Mixed media
1,400 × 800 × 20 / mm

スクリーンショット(2013-04-12 13.12.12)
萬絵巻 – [ もんじゅ ] としての雷神
Infinite Pictorial Scroll – the thunder god as [ monjyu ]
2012
Mixed media 850 × 850 × 2,400 / mm

スクリーンショット(2013-04-12 13.12.26)
萬絵詞(縮尺板) – 四面不動
nfinite Hand Scroll ( Reduced scale version ) – Shimen Fudo
2010
Mixed media 360 × 310 × 630 / mm

GEISAI寺子屋 vol.3

geisai_terakoya_logo_square

4月13日(土)、GEISAI Galleryでは、[GEISAI寺子屋]vol.3を開催致します。

-GEISAI受賞者である、佐野友紀(GEISAI TAIWAN#2 佐藤可士和賞受賞)、
川上秀行(GEISAI#12 会田誠賞受賞)プロデュースによるGEISAI寺子屋をGEISAI Galleryで開催します。

GEISAI寺子屋、過去の様子はこちらから

[GEISAI寺子屋vol.1]
http://goo.gl/zygkZ

[GEISAI寺子屋vol.2]
http://goo.gl/Cz34y

現在、GEISAI Galleryにて絶賛展開中のGEISAI受賞者、川上さん、佐野さんによる連続企画[GEISAI寺子屋]シリーズ。

いよいよ今週末、4月13日(土)は[GEISAI寺子屋vol.3 入門編]を開催致します。

GEISAIに参加している現役美大生を招き、美大から見たGEISAIについてのトークや、今後GEISAIに参加する人に向けてGEISAI入門の講義を行います。

また、前回に続きライブパフォーマンスの実演と解説や参加作家の作品展示も行われます。

『GEISAI寺子屋』について

寺子屋とは江戸時代、庶民の子弟に読み書き、計算や実務上の知識・技能を教育した民間教育施設で、その起源は、中世の寺院での教育に遡ると言われています。「読み書き算盤」と呼ばれる基礎的な読み方・習字・算数の習得に始まり、地理・書簡の作成法など、実生活に必要とされる知識や技術の教育が行われ、明治初期における日本の識字率は世界最高水準にありました。このことからGEISAI寺子屋では芸術を生業としていく上で、基礎的な地固めを中心に各々の専門分野による講義や作家同士の意見交換により、芸術家の最初の一歩が踏み出せるような場となることを願って発足します。

これからGEISAIに出す方も、過去に出した方も、この機会にいらしてみてはいかがでしょうか。
勿論、プロの方も一般の方も大歓迎です。
皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。

terakoya4_1

GEISAI 寺子屋 vol.3 info

■開催日時
 2013年4月13日(土)
 15:00~17:10
 *作品展示はGEISAI寺子屋vol.1(3月24日)から開催中(火曜休館)

■開催場所
 GEISAI Gallery

■入場料
 無料、お酒、お菓子も無料でご提供致します。

■タイムスケジュール<Time Table>
15:00〜15:30 ライブパフォーマンス(30分)

—10分休憩

15:40~16:25  美大生からみたGEISAIについて(45分)

—10分休憩

16:35~17:10  GEISAI入門(30分)

[ゲスト作家]

スクリーンショット(2013-04-11 10.49.37)

李丞鎭(イスンジン)

多摩美術大学情報デザインメディア芸術コース4年所属
1988年韓国ソウル出身
2年間の軍隊生活、8年間のキリスト教の神学院生活等の経験あり。
現代の社会における様々な人間の感情、状況を様々な形で表現している。
BuckSpaceというHipHopグループにも所属。
ネット上で作品をアーティスト同士で作品を投稿する企画
「日刊7」「七色写真」「漫画爆弾」運営。

スクリーンショット(2013-04-11 10.51.05)

佐藤亮介(さとう りょうすけ)

1988年横浜生まれ。
2012に多摩美術大学を卒業後、イラストレーター、デザイナーとして活動。

スクリーンショット(2013-04-11 10.52.55)

木下麦(きのしたばく)

1990年兵庫生まれ 
多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース所属4年生
カートゥーン系アニメーションやイラスト、3DCGを使った平面作品等を制作しています。

スクリーンショット(2013-04-11 10.54.19)

杉山雄哉(すぎやま ゆうや)

静岡県出身 1992年11月5日生まれ
多摩美術大学情報デザイン学科情報デザインコース3年生
ボールペンや鉛筆画でロゴのようなイラストなど書いています。
グラフィックも少し制作してます。
http://yuyasugiyama.tumblr.com/

スクリーンショット(2013-04-11 10.56.42)

鈴木麻莉子(すずきまりこ)

1990年 新潟県新潟市生まれ。
多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース 在籍
国際アート団体 HAKUSHI メンバー
アートグループ sagart 広報

・2009年 アートBAKA 学科賞(三鷹)
・2010年 多摩美術大学情報デザイン学科入学
・2011年 医美 webデザイン(ギャラリールデコ)
東京ダンジョン(浅草マルアイビル)
メメント展(学内合同展示)
Tech展(パルテノン多摩 市民ギャラリー)

・2012年 TOKYO FRONTLINE2012 portfolio review(3331アーツ千代田)
写真党 展 (学内混合展示)
  sagart 展 (ギャラリー・プラット)
  境界 国際アート団体HAKUSHI (BankArt 横浜)

web   http://www.idd.tamabi.ac.jp/l46029/
photo  http://alpha-to-omega0001.tumblr.com/

[企画・プロデュース]

kawakami_port

川上秀行 / KAWAKAMI SHUGYO

画僧

多摩美術大学卒業後、総本山智積院にて修行。
絵と言葉をコマによる時間軸でデザインされた”漫画”を萬の表現が可能なメディアとしての”萬画”(Yorozu ga)と捉え、インスタレーションによる萬画を中心に、仏教美術制作や声明パフォーマンスを行う。GEISAI#12会田誠賞など。S-va-ha、M3(Macro Mantra Matirx)のメンバーとしても活動中。
作品
http://goo.gl/zWZWG
https://twitter.com/s_va_ha

sano

佐野友紀 / SANO YUKI

1987年   長野県生まれ
2011年   多摩美術大学情報デザイン学科芸術コース(卒業)
2013年   多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程
        デザイン専攻情報デザイン(在籍)

2010年   GEISAI TAIWAN#2
        台湾-華山創意文化園區
        (佐藤可士和賞受賞)
2012年   第16回文化庁メディア芸術祭
        審査員推薦作品

情報の体験をテーマにした絵画・写真作品を制作。
油絵の具をそのまま拡大した絵画や、東日本大震災で生まれた瓦礫を等身大で描く等、身体を
包み込む巨大な作品が主。
現在は養蜂家と作家を両立し活動している。

秋葉原モンパルナス Vol.3

akiba_logo3

GEISAIGalleryでは、旅団プロデュースのイベント、
[秋葉原モンパルナス] クリティーク Vol.3 を開催致します。

■日時:2013年4月6日(土) 15:00~18:00
■場所:GEISAI Gallery(Google Maps)
イベントHP

●第1回目の様子はこちら
フォトレポート

●第2回目の様子はこちら
フォトレポート

■秋葉原モンパルナス
 ーここは、作品を通して自由奔放に語りあうことで、
  2013年現在の世界観や哲学を客観的に考えることのできる場所です。ー

●クリティーク
 ご応募いただいた中から毎回3名のアーティストを選出。
 GEISAIgalleryにて作品展示をしていただき、
 会場に集まった全員でその作品についてクリット(批評)を行います。

 議論の簡単なルールは3つ。

 批判は行わない。否定しない。
 奔放な発言を歓迎する。つまらない発言、乱暴な発言、見当違いな発言を歓迎する。
 他人の発言を改善、発展、結合する。

-----------
●応募方法
 以下の情報を添えて、
 contact@ryodanarts.comまでご応募ください。
 折返しご連絡させていただきます。

 ・作品の画像
 ・作品の簡単な説明
 ・連絡先

皆様のご応募お待ちしております!

応募はこちらまで↓
contact@ryodanarts.com

司会:石井七歩(旅団)
ishii_port
石井七歩さんTwitter

1991年3月16日、東京生まれ。

石井七歩プロフィール

1991年東京生まれ。東京在住。
主な活動地:東京
アーティストチーム「旅団」代表。

セカイの認識に関するような観念を中心として、
“翻訳”、例えば国家を少女に、都市を人格に、時空を海に、現実と非現実的の境界を曖昧にするような隠喩を繰り返してゆくことで、より神話的な世界観を築く。

【主な展覧会】

◆「堂島リバービエンナーレ2011
 ”ECOSOPHIA—アートと建築—”」
 (堂島リバーフォーラム,大阪)

◆「—超群島 Hyper Archipelago—
  ポスト3.11のアーキテクト
  /アーティストたちの世界観」
 (EYE OF GYRE,表参道)

◆「—超群島 Hyper Archipelago—
 ライト・オブ・サイレンス」
 (青森県立美術館,青森)

◆「VOCA展2013
  -新しい平面の作家たち」
 (上野の森美術館)

ryodan_portrait
戦闘系アーティストチーム旅団
プロフィール

2010年発足。

「独りの力では不可能な夢を、皆の力で可能な現実にする。」
旅団とは“アーティストコミューンを形成することで、効率よく爆発的に成長する”ための機関。
それぞれの企画に適したアーティストを所属メンバー内から選出し、展示やメディア露出の機会を増やす。

随時メンバー募集中。
メンバーは現在約30名で、ぞくぞく増加中である。

現在、HidariZingaroやGEISAIgalleryを中心に企画・展示を行っている。

【主な展覧会】

◆「ANALOGUE EXHIBITION
 ”エノテロリズム”」
 (HidariZingaro,中野)

◆「GEISAI#17」
 審査員賞、飯田高誉賞受賞

◆「ニコニコ超会議」
 ニコ論壇、村上隆ブース、招待出展

◆「アーティスト・アジト」
 (HidariZingaro,中野)

◆「アーティスト・アジト2」
 (GEISAI Gallary,秋葉原)

◆「されど少女は虚空の世界で」
 (フマコンテンポラリートーキョー)

GEISAI寺子屋 vol.2

geisai_terakoya_logo_square

3月30日(土)、GEISAI Galleryでは、[GEISAI寺子屋]vol.2を開催致します。

-GEISAI受賞者である、佐野友紀(GEISAI TAIWAN#2 佐藤可士和賞受賞)、
川上秀行(GEISAI#12 会田誠賞受賞)プロデュースによるGEISAI寺子屋をGEISAI Galleryで開催します。

[GEISAI寺子屋vol,1]の開催の様子はこちら
http://goo.gl/zygkZ

今回は、プレゼンテーションを中心に短時間で作品意図を伝える実践、パフォーマンスの実演と解説、
過去のGEISAIで行われたパフォーマンス系作品についてのトークを行います。
また、参加作家の作品展示もGEISAI寺子屋vol.1(3月24日)から行われております。

<<募集!>>
当日、16:00~17:00の間で一人五分程度、作品プレゼンテーションが可能な方を募集します。
GEISAI#18で作品を審査員の方々やお客様にお伝えする前に、GEISAI寺子屋で作品プレゼンテーションができます。

こちら迄、ご応募ください。件名「GEISAI寺子屋プレゼン」
geisai_terakoya@yahoo.co.jp

『GEISAI寺子屋』について

寺子屋とは江戸時代、庶民の子弟に読み書き、計算や実務上の知識・技能を教育した民間教育施設で、その起源は、中世の寺院での教育に遡ると言われています。「読み書き算盤」と呼ばれる基礎的な読み方・習字・算数の習得に始まり、地理・書簡の作成法など、実生活に必要とされる知識や技術の教育が行われ、明治初期における日本の識字率は世界最高水準にありました。このことからGEISAI寺子屋では芸術を生業としていく上で、基礎的な地固めを中心に各々の専門分野による講義や作家同士の意見交換により、芸術家の最初の一歩が踏み出せるような場となることを願って発足します。

これからGEISAIに出す方も、過去に出した方も、この機会にいらしてみてはいかがでしょうか。
勿論、プロの方も一般の方も大歓迎です。
皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。

GEISAI 寺子屋 vol.2 info

■開催日時
 2013年3月30日(土)
 15:00~18:00
 *作品展示はGEISAI寺子屋vol.1(3月24日)から開催中(火曜休館)

■開催場所
 GEISAI Gallery

■入場料
 無料、お酒、お菓子も無料でご提供致します。

<タイムテーブル>

15:00-
OPEN

15:15-15:35
パフォーマンス1
出演:M3(Macro Mantra Matirx)
15:35-15:45
解説
15:45-16:00
DJタイム

16:00-17:00
作品プレゼンテーション実践

17:00-17:20
パフォーマンス2
タイトル : 供犠「とおりゃんせ」
出演 : 松岡友、佐野友紀
脚本 : 東京リチュアル
企画 : 松岡友
17:20-17:30
解説

17:30-18:00
GEISAIトーク
シークレットゲストあり

18:00-
FREE

【プロフィール】

kawakami_port

川上秀行 / KAWAKAMI SHUGYO

画僧

多摩美術大学卒業後、総本山智積院にて修行。
絵と言葉をコマによる時間軸でデザインされた”漫画”を萬の表現が可能なメディアとしての”萬画”(Yorozu ga)と捉え、インスタレーションによる萬画を中心に、仏教美術制作や声明パフォーマンスを行う。GEISAI#12会田誠賞など。S-va-ha、M3(Macro Mantra Matirx)のメンバーとしても活動中。

http://goo.gl/zWZWG
https://twitter.com/s_va_ha

sano

佐野友紀 / SANO YUKI

1987年   長野県生まれ
2011年   多摩美術大学情報デザイン学科芸術コース(卒業)
2013年   多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程
        デザイン専攻情報デザイン(在籍)

2010年   GEISAI TAIWAN#2
        台湾-華山創意文化園區
        (佐藤可士和賞受賞)
2012年   第16回文化庁メディア芸術祭
        審査員推薦作品

情報の体験をテーマにした絵画・写真作品を制作。
油絵の具をそのまま拡大した絵画や、東日本大震災で生まれた瓦礫を等身大で描く等、身体を
包み込む巨大な作品が主。
現在は養蜂家と作家を両立し活動している。

[ゲストDJ]

PastedGraphic3_port

Tomari Yoshitaka

1985年生まれ、東京都出身。
ソロ、またはmetrofieldメンバー、
DJ P-RUFFとのユニットSun Drum Sessionとして活動。
並行して、インタラクションデザインとサウンドをベースにした
作品制作やパフォーマンスを行う。

[パフォーマンス]
PastedGraphic2_port

M3(Macro Mantra Matirx)

2011年結成、サウンドアーティスト泊佳孝、画僧川上秀行、写真家山本渉、らによって結成。

声明とコンピュータを用いてパフォーマンスを行う。

[ゲスト作家]
tada_port

多田ひと美 / TADA HITOMI

映像、音、インターネットなど様々なメディアを用い、ソフト、ハードを独自に組み合わせ、インスタレーション、ライブパフォーマンス等の活動を行う。また、朗読バンド “どっぢ” でもライブ活動、イベント企画などを行っている。最近、不定期で “TADA-Hi(タダハイ)” というフリーペーパーも発行中。
http://tadahi.com/

matsuoka_port

松岡友 / MATSUOKA TOMO

OCCULT Artist
1984年2月29日生まれ
Altanate Reality Truth「覚醒したまま夢を見る」をテーマに制作。
表現方法は平面、立体、アニメーション、インスタレーション、ARG、 ライヴペイントete多岐にわたる。
http://www.tomomatsuoka.com/

展示・賞
2010 9 3331アンデパンダン参加 
いとうせいこうセレクト賞
2011/2/1-2/26 LOOP HOLE 『CHOCOLATS DES FUCHU デルトロ府人のレシピ』
2011/3/9-17 RED CUBE 『39ART  第4回 ネズミ講展』produced by 開発好明
4/1-11 3331 Arts Chiyoda 『3331 アンデパンダン・スカラシップ展』
6/3-13 3331 Arts Chiyoda island企画『一枚の絵の力』展参加
6/1-6/30 ☆Roulette2011 カサの展示会☆【カサ・かさ・傘 カサの可能性をみてみたい】参加
7/7-31 @NADiff a/p/a/r/t island JAPANの七夕祭り『全国アート物産展!!』参加
8/19-8/20 沖の島アートプロジェクト『るくる島黄金伝説』参加
10/31-11/12 『るくる島黄金伝説アーカイブ展』
11/21-12/4 「秘密結社ネオン」によるZINE創刊記念展『ループチャンネル』
2012/2/29 「誕生祭」
3/11 「いち@311」にインスタレーションで参加
4/27,28 「ある家の肖像」展 主催(るくる)
5/9-13 高円寺Amp cafe 松岡友個展「覚醒しながら夢を見る」
6/3 「UFOと人権」開催(稲荷神社オープニングイベント)
6/13,14 即興演劇「FIFTH IN ULYSSES」舞台美術で参加 開催
8/16-19 「龍宮学校」、「龍宮学校ARG部」参加(るくる)
9/1-16 「南宇都宮石蔵秘宝祭」参加
10/16-29 柏アートライン「全国アート物産展」参加
10/21-11/25 Trance Art Tokyo 5F「どくろ興業」参加
2013/2/2-24 Tokyo Wonder Seed 2013 入選
2013/3/1 yOUR pARTy presents “松岡友” L!VE PA!NT @WIRED CAFE360°

yamada_port

山田はじめ

1988年生まれ
2009年独学で絵画制作を開始
模型の技法を応用して、
作品に見えない作品、絵画に見えない絵画を制作しています。
一見、ゴミやレディメイド彫刻に見える作品を鑑賞者に提示する事で、人は何を基準に、これは絵であり、アートであると判断しているのかを問いかけています。
グループ展
2013: 7th ARTE LAGUNA PRIZE ファイナリストエキシビション(25歳以下部門) @ Romanian Institute (ベネチア)
2012: 萌芽 @ターナーギャラリー(東京)
2012: チャンスエキシビション@island MEDIUM(東京)
2011: わくわくSHIBUYA@トーキョーワンダーサイト渋谷(東京)

GEISAI寺子屋

geisai_terakoya_logo_square

3月24日 (日)、GEISAI Galleryでは、[GEISAI寺子屋]を開催致します。

-GEISAI受賞者である、佐野友紀(GEISAI TAIWAN#2 佐藤可士和賞受賞)、
川上秀行(GEISAI#12 会田誠賞受賞)プロデュースによるGEISAI寺子屋をGEISAI Galleryで開催します。

『GEISAI寺子屋』について

寺子屋とは江戸時代、庶民の子弟に読み書き、計算や実務上の知識・技能を教育した民間教育施設で、その起源は、中世の寺院での教育に遡ると言われています。「読み書き算盤」と呼ばれる基礎的な読み方・習字・算数の習得に始まり、地理・書簡の作成法など、実生活に必要とされる知識や技術の教育が行われ、明治初期における日本の識字率は世界最高水準にありました。このことからGEISAI寺子屋では芸術を生業としていく上で、基礎的な地固めを中心に各々の専門分野による講義や作家同士の意見交換により、芸術家の最初の一歩が踏み出せるような場となることを願って発足します。

これからGEISAIに出す方も、過去に出した方も、この機会にいらしてみてはいかがでしょうか。
勿論、プロの方も一般の方も大歓迎です。
皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。

GEISAI 寺子屋 info

■開催日時
 2013年3月24日(日)
18:00〜21:00

■開催場所
 GEISAI Gallery

■入場料
 無料、お酒、お菓子も無料でご提供致します。

<タイムテーブル>

18:00~
OPEN
GEISAI寺子屋成功祈願

18:30~19:00
講義:「アーティストのためのポートフォリオ制作について」
講師:佐野友紀

19:30~20:00
GEISAI受賞秘話 / 攻略法
TALK:佐野友紀+川上秀行

20:00~21:00
TALK:[ 司会 ] 佐野友紀+川上秀行  [ゲスト] 山田はじめ+松岡友+多田ひと美

21:00~
FREE

【プロフィール】

kawakami_port

川上秀行 / KAWAKAMI SHUGYO

画僧

多摩美術大学卒業後、総本山智積院にて修行。絵と言葉をコマによる時間軸でデザインされた”漫画”を萬の表現が可能なメディアとしての”萬画”(Yorozu ga)と捉え、インスタレーションによる萬画を中心に、仏教美術制作や声明パフォーマンスを行う。GEISAI#12会田誠賞など。S-va-ha、M3(Macro Mantra Matirx)のメンバーとしても活動中。

http://goo.gl/zWZWG
https://twitter.com/s_va_ha

sano

佐野友紀 / SANO YUKI

1987年   長野県生まれ
2011年   多摩美術大学情報デザイン学科芸術コース(卒業)
2013年   多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程
        デザイン専攻情報デザイン(在籍)

2010年   GEISAI TAIWAN#2
        台湾-華山創意文化園區
        (佐藤可士和賞受賞)
2012年   第16回文化庁メディア芸術祭
        審査員推薦作品

情報の体験をテーマにした絵画・写真作品を制作。
油絵の具をそのまま拡大した絵画や、東日本大震災で生まれた瓦礫を等身大で描く等、身体を
包み込む巨大な作品が主。
現在は養蜂家と作家を両立し活動している。

[ゲスト作家]
tada_port

多田ひと美 / TADA HITOMI

映像、音、インターネットなど様々なメディアを用い、ソフト、ハードを独自に組み合わせ、インスタレーション、ライブパフォーマンス等の活動を行う。また、朗読バンド “どっぢ” でもライブ活動、イベント企画などを行っている。最近、不定期で “TADA-Hi(タダハイ)” というフリーペーパーも発行中。
http://tadahi.com/

matsuoka_port

松岡友 / MATSUOKA TOMO

OCCULT Artist
1984年2月29日生まれ
Altanate Reality Truth「覚醒したまま夢を見る」をテーマに制作。
表現方法は平面、立体、アニメーション、インスタレーション、ARG、 ライヴペイントete多岐にわたる。
http://www.tomomatsuoka.com/

展示・賞
2010 9 3331アンデパンダン参加 
いとうせいこうセレクト賞
2011/2/1-2/26 LOOP HOLE 『CHOCOLATS DES FUCHU デルトロ府人のレシピ』
2011/3/9-17 RED CUBE 『39ART  第4回 ネズミ講展』produced by 開発好明
4/1-11 3331 Arts Chiyoda 『3331 アンデパンダン・スカラシップ展』
6/3-13 3331 Arts Chiyoda island企画『一枚の絵の力』展参加
6/1-6/30 ☆Roulette2011 カサの展示会☆【カサ・かさ・傘 カサの可能性をみてみたい】参加
7/7-31 @NADiff a/p/a/r/t island JAPANの七夕祭り『全国アート物産展!!』参加
8/19-8/20 沖の島アートプロジェクト『るくる島黄金伝説』参加
10/31-11/12 『るくる島黄金伝説アーカイブ展』
11/21-12/4 「秘密結社ネオン」によるZINE創刊記念展『ループチャンネル』
2012/2/29 「誕生祭」
3/11 「いち@311」にインスタレーションで参加
4/27,28 「ある家の肖像」展 主催(るくる)
5/9-13 高円寺Amp cafe 松岡友個展「覚醒しながら夢を見る」
6/3 「UFOと人権」開催(稲荷神社オープニングイベント)
6/13,14 即興演劇「FIFTH IN ULYSSES」舞台美術で参加 開催
8/16-19 「龍宮学校」、「龍宮学校ARG部」参加(るくる)
9/1-16 「南宇都宮石蔵秘宝祭」参加
10/16-29 柏アートライン「全国アート物産展」参加
10/21-11/25 Trance Art Tokyo 5F「どくろ興業」参加
2013/2/2-24 Tokyo Wonder Seed 2013 入選
2013/3/1 yOUR pARTy presents “松岡友” L!VE PA!NT @WIRED CAFE360°

yamada_port

山田はじめ

1988年生まれ
2009年独学で絵画制作を開始
模型の技法を応用して、
作品に見えない作品、絵画に見えない絵画を制作しています。
一見、ゴミやレディメイド彫刻に見える作品を鑑賞者に提示する事で、人は何を基準に、これは絵であり、アートであると判断しているのかを問いかけています。
グループ展
2013: 7th ARTE LAGUNA PRIZE ファイナリストエキシビション(25歳以下部門) @ Romanian Institute (ベネチア)
2012: 萌芽 @ターナーギャラリー(東京)
2012: チャンスエキシビション@island MEDIUM(東京)
2011: わくわくSHIBUYA@トーキョーワンダーサイト渋谷(東京)

[龍神庵]Vol.2 開催/旅団×GEISAI Galleryプロデュース

akiba_logo3

GEISAIGalleryでは3月16日(土)、旅団×GEISAI Galleryプロデュースのイベント
[龍神庵]を第2回を開催致します。

第1回の開催レポートはこちら
http://goo.gl/mtkFW

■日時
2013年3月16日(土)18:00~21:00

■場所
GEISAI Gallery

■龍神庵とは…
にぎやかな秋葉原の町にたたずむ、しずかな旧校舎。
土曜日の夜になると、とある教室に現れるという憩いの場、「龍神庵」。

「そこにゆけば、いつだって素敵な話ができる。」

やわらかな絨毯にすわって、
心地よく人々と酒を交わし、足をのばしてくつろぐ。

芸術家たちが、一人、また一人と龍神庵にあつまってくる。
夜が更けるにつれ、どこまでも、どこまでも、話は深みを増してゆく。

-----------

芸術家たちのコミュニケーションの場としてGEISAI Galleryが開廊いたします。
あなたのご来庵を、心よりお待ち申し上げます。

-----------

参加無料

軽食やドリンクをお持ち頂けますとありがたいです。

【プロフィール】
司会:石井七歩(旅団)
ishii_profile

石井七歩さんTwitter

1991年3月16日、東京生まれ。
人間にまつわる不可視な4つの要素、[感覚]・[精神]・[思想]・[氣]を題材に、
人体や街など、人間の生活に密接な可視の要素をモチーフとして、細密なドローイング作品を制作している。
ライブドローイングなどの即興パフォーマンスでも作品を発表。
また、幼少期から空手道を学び、極真空手・松濤館流空手共に黒帯を取得している。

GEISAI#17にて、旅団として審査員・飯田高誉賞を受賞
Hidari ZingaroやGEISAI Galleryでの展覧会を行う

経歴
2010年 戦闘系アーティストグループ「旅団」を発足。団長を務める。

展覧会
2012  超群島 Hyperarchipelago " 展
2011  堂島リバービエンナーレ2011 " ECOSOPHIA "
     Pixiv×Kaikaikiki企画 Pixkiki ANALOGUE EXHIBITIONI
     第二弾 旅団「エノテロリズム展」
2010  戦闘系アーティストグループ『旅団』結成。
     Party "What will happen?" ライブドローイング
     Party "Xmas Fes" ライブドローイング
2009  現代美術3人展 "麻痺展" 主催・出展

戦闘系アーティストチーム旅団
ryodan_portrait
2010年発足。

「独りの力では不可能な夢を、皆の力で可能な現実にする。」
旅団とは“アーティストコミューンを形成することで、効率よく爆発的に成長する”ための機関。
それぞれの企画に適したアーティストを所属メンバー内から選出し、展示やメディア露出の機会を増やす。

随時メンバー募集中。
メンバーは現在約30名で、ぞくぞく増加中である。

現在、HidariZingaroやGEISAIgalleryを中心に企画・展示を行っている。

【主な展覧会】

◆「ANALOGUE EXHIBITION
 ”エノテロリズム”」
 (HidariZingaro,中野)

◆「GEISAI#17」
 審査員賞、飯田高誉賞受賞

◆「ニコニコ超会議」
 ニコ論壇、村上隆ブース、招待出展

◆「アーティスト・アジト」
 (HidariZingaro,中野)

◆「アーティスト・アジト2」
 (GEISAI Gallary,秋葉原)

◆「されど少女は虚空の世界で」
 (フマコンテンポラリートーキョー)

bLack EYE in GEISAI Gallery

blaceye_geisai

3月9日 (土)、GEISAI Galleryでは、[bLack EYE in GEISAI Gallery]を開催致します。

-BAKIBAKI+沖冲プロデュースで高円寺AMPcafeにて隔月開催されていた

LIVE PAINTING & TALKSHOW “bLack EYE”がGEISAI Galleryにて開催-

『-Live Paint & Talk Show- bLack EYE』とは?

ライブペインティング”を主戦場とするアーティスト BAKIBAKIと、絵描きとアートスペースディレクターのダブルスタンダードで活動する沖冲.のふたりがプロデューサーとなり、各人が個別にセレクトし たアーティスト×ミュージシャンによる45分間のライブショウケースとする。加えて、アフタートークとして、ライブ直後のアーティストを 招き、BAKIBAKIは現場の経験値に基づいた見地から、沖冲.はより広義な絵画の知識に基づいた見地から解説を加えることで、ライブ ペイントをより多角的にたのしむとともに、そこにアーティスト自身によるパフォーマンス中の心情などの生の声を加えた45分間のドキュメ ンタリーとして、ライブペインティングを“再生”するという2部構成となっている。

眼の前で絵が描き上げられる瞬間に刮目するという生々しい体験、そしてそれを分析的に客観視する追体験、このオン/オフのふたつのま なざし-bLack EYE-によって、あなたにとってのライブペイント、ひいては絵画の見方が拡張するようなエンターテイメントをお届けする。
http://www.black-eye.info/

2_2

bLack EYE vol.08

2013/3/9(SAT) @ GEISAI Gallery
open18:00 / start19:00
charge : FREEEEE!!!
(振る舞い酒あり+ドリンク持ち込み自由!)

Live Painting:DRAGON76 x JUN INOUE
DJ:LZA

TALK(前半):BAKIBAKI+沖冲 (assistant : URRY)
TALK(後半):BAKIBAKI+沖冲+DRAGON76+JUN INOUE (assistant : URRY)

Supported by AMPcafe http://ampcafe.jp/
       YEALO! http://yealo.jp/

<タイムテーブル>

18:00~
OPEN

18:30~19:00
TALK:BAKIBAKI+沖冲 (assistant : URRY)

19:00~19:45
Live Painting:DRAGON76 x JUN INOUE
DJ:LZA

20:00~21:00
TALK:BAKIBAKI+沖冲+DRAGON76+JUN INOUE (assistant : URRY)

21:00~
FREE

【プロフィール】
3_3

DRAGON76

1976年滋賀生まれ。神奈川在住、1996年にPainterとしてのキャリアをスタート。マイノリティー文化や音楽から受けた影響を基に情熱的で生命力溢れるタッチで作品制作やライブペインティング、CDジャケットやフライヤーなどの音楽関係のビジュアルの制作等を手掛け、国内外から高い評価を得る。特にライブペインティングでは、即興で繰り広げられるダイナミックなパフォーマンスに国内の音楽フェス・クラブイベント、海外からのオファーも多く、今ままでにニューヨーク・ロンドン・イビサ・リバプール・バーミンガム・ケニア・ヨルダン・ジャマイカ等でライブペイントを行っている。また、PUMA・KIRIN・KFCやスペインの住宅メーカーの壁紙のデザイン等、国内外の多数の企業との幅広いタイアップ実績がある。2004年ドイツの出版社Die Gestalten Verlagから出版されたSonic-Visuals forMusic、2005年illusive、2006年Play Loud!!に作品が大きく掲載され、2008年にはドイツのデザイン出版社taschen タッシェンIllustration Now vol.2に作品が紹介される。近年では2011年に南アフリカのジンジ・マンデラ(ネルソン・マンデラの娘)のプライベートイベントに公式招待されライブペイントショーを行うなど、国境、人種、社会的立場を超えたボーダーレスな活動を展開している。
http://www13.plala.or.jp/dragon-76/

4_4

INOUE JUN / イノウエジュン

日本特有の繊細な精神性をアブストラクトな線で描き、独特な「間」を作品の中に生み出し、モダンなセンスと伝統的なスピリッツが混ざり合うように、絶妙な感覚が見る者の意識を刺激する。 スタイルが常に変化していく自身の表現は、平面から立ち上がり、ファッションやディスプレイデザイン等、様々な分野との融合が見受けられる。2004年より数々のイベントにてライブペイントを行い、08年にはオーストラリアで開催された「NO COMPLY 08」にて、初めて海外にて作品を発表。10年には、アメリカオレゴン州ポートランドにてQue Houxoとのツーマンショー「花とダイヤモンド」を開催。同年ナイキ本社の壁画を制作。11年日本の美意識をテーマにした「NEW YELLOW」シリーズをメルボルンBackwoods galleryにて開催。アデレード、東京でも同シリーズの展示会を開催。
http://juninoue.jp/

5_5

山尾光平 as BAKIBAKI

1978年/大阪生まれ、東京在住。2001年京都にてライブペイント・ ユニット”DOPPEL”を結成。NIKE、SONY、 TOYOTAなど様々な企業とのコラボレーションを実現 し、日本のクラブカルチャーより発足したライブペイントシーンの立役者となる。
2007 年のソロ個展からは、日本の伝統的な様式美、カルチャー、ストリート、ファッション、近未来SFをも串刺しにした様々なスタイルを駆使し、独自の視点で日本のポップカルチャーを昇華し続けている。
主な活動は、京都マンガミュージアムにてフランスの漫画家、故メビウス氏とライブペイントセッション(2009年)、 ZARA渋谷公園通り前にて壁画制作(2009年)、JUNOロンドンにて壁画制作(2010年)、東日本大震災チャリティ・イベント””Ki Zuna” ベルリンにてライブペイント(2011年)などが挙げられ、日本のライブペイント文化の社会的地位向上に向け、”Live Paint DOJO”や”bLack EYE”など様々なイベントのプロデュースも手掛けている。
http://www.yamaokohei.com/

6_6

沖冲. /オキチュウ

ペインター/ドローイングライター
mograg garageディレクター/ライター

Live Drawing Party “bLack 2 bLack”主催
Live Painting Showcase “bLack EYE”プロデューサー
超文化系バトルゲーム大会“コマジャンキング”主催 1979年、三重県生まれ。
2002年、初個展『P』を皮切りに京都を中心に作家活動を開始。以降、いくつかの個展を開催。様々なグループ展にも参加する。
2004 年、個展『あらゆるものに溺れる森』@トランスポップギャラリー/京都
2005 年、東京に活動の場を移し、ペイント、ドローイング、マンガなど、『絵』を用いた様々な表現技法を試行錯誤し、自身の内なる世界をキャンバスに定着させている。
2007年、京都にてゴウダヨウスケ、ヨシカワショウゴらとともにライブドローイングパーティ『bLack 2 bLack』を立ち上げ、不定期で開催している。この企画では効即性のある音楽と遅効性のドローイングとの新たな融合の形を模索している。
2008 年、自宅ガレージに太田素子と共同でアートスペース『mograg garage』をオープンさせる。アーティストのブッキング・企画などのディレクション、アートマガジン『mograg magazine』の企画、ライター、編集に携わる。
2010 年、個展『THE BEAUTIFUL DECAY』@ビリケンギャラリー/東京
2011 年、グループ展『Japanese Low Blow Art Exhibition -KIBUN-』@Le Petit Mignon/ベルリン
2012 年、山尾光平 as BAKIBAKIと共同プロデュースでLive Painting Showcase『bLack EYE』を立ち上げる。
http://oki-chu.com/

秋葉原モンパルナス Vol.2

akiba_logo3

GEISAIGalleryでは、旅団プロデュースのイベント、
[秋葉原モンパルナス] クリティーク Vol.2 を開催致します。

■日時:2013年3月2日(土) 15:00~18:00
■場所:GEISAI Gallery(Google Maps)
イベントHP
●第1回目の様子はこちら
フォトレポート

■秋葉原モンパルナス
 ーここは、作品を通して自由奔放に語りあうことで、
  2013年現在の世界観や哲学を客観的に考えることのできる場所です。ー

●クリティーク
 ご応募いただいた中から毎回3名のアーティストを選出。
 GEISAIgalleryにて作品展示をしていただき、
 会場に集まった全員でその作品についてクリット(批評)を行います。

 議論の簡単なルールは3つ。

 批判は行わない。否定しない。
 奔放な発言を歓迎する。つまらない発言、乱暴な発言、見当違いな発言を歓迎する。
 他人の発言を改善、発展、結合する。

-----------
●応募方法
 以下の情報を添えて、
 contact@ryodanarts.comまでご応募ください。
 折返しご連絡させていただきます。

 ・作品の画像
 ・作品の簡単な説明
 ・連絡先

皆様のご応募お待ちしております!

応募はこちらまで↓
contact@ryodanarts.com

司会:石井七歩(旅団)
ishii_port
石井七歩さんTwitter

1991年3月16日、東京生まれ。

石井七歩プロフィール

1991年東京生まれ。東京在住。
主な活動地:東京
アーティストチーム「旅団」代表。

セカイの認識に関するような観念を中心として、
“翻訳”、例えば国家を少女に、都市を人格に、時空を海に、現実と非現実的の境界を曖昧にするような隠喩を繰り返してゆくことで、より神話的な世界観を築く。

【主な展覧会】

◆「堂島リバービエンナーレ2011
 ”ECOSOPHIA—アートと建築—”」
 (堂島リバーフォーラム,大阪)

◆「—超群島 Hyper Archipelago—
  ポスト3.11のアーキテクト
  /アーティストたちの世界観」
 (EYE OF GYRE,表参道)

◆「—超群島 Hyper Archipelago—
 ライト・オブ・サイレンス」
 (青森県立美術館,青森)

◆「VOCA展2013
  -新しい平面の作家たち」
 (上野の森美術館)

ryodan_portrait
戦闘系アーティストチーム旅団
プロフィール

2010年発足。

「独りの力では不可能な夢を、皆の力で可能な現実にする。」
旅団とは“アーティストコミューンを形成することで、効率よく爆発的に成長する”ための機関。
それぞれの企画に適したアーティストを所属メンバー内から選出し、展示やメディア露出の機会を増やす。

随時メンバー募集中。
メンバーは現在約30名で、ぞくぞく増加中である。

現在、HidariZingaroやGEISAIgalleryを中心に企画・展示を行っている。

【主な展覧会】

◆「ANALOGUE EXHIBITION
 ”エノテロリズム”」
 (HidariZingaro,中野)

◆「GEISAI#17」
 審査員賞、飯田高誉賞受賞

◆「ニコニコ超会議」
 ニコ論壇、村上隆ブース、招待出展

◆「アーティスト・アジト」
 (HidariZingaro,中野)

◆「アーティスト・アジト2」
 (GEISAI Gallary,秋葉原)

◆「されど少女は虚空の世界で」
 (フマコンテンポラリートーキョー)

1 / 212

Calendar

6月 2017
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • アーカイブ

TWITTER

facebook

Search